徳山興産60年の歩み
HOME > 徳山興産 60年の歩み

徳山興産 60年の歩み

沿革

昭和26年

鋼屑の集荷・販売を主業務として設立、商号を有限会社徳山興産、資本金を50万円とする。

写真

創業当時の事務所 

写真

創業者 管田義秋 

昭和28年

日新製鋼株式会社(当時日本鉄板)徳山工場の電気炉創業開始と共に同社製鋼用主原料の直納店として指定を受ける。

昭和32年

徳山興産株式会社に組織変更、資本金を300万円とする。

昭和34年

日新製鋼の発足により、同社呉製鉄所への鋼屑納入契約を受注。

昭和36年

日新製鋼への納入量の増加に伴い、工場の拡充を図り、徳山市二葉開作に主力基地として櫛ヶ浜工場を開設。

昭和37年

日新製鋼周南製鋼所の電炉完成とともに製鋼主原料の構内処理、炉前搬入作業を受注契約、現在に至る。日新構内作業部発足。

昭和38年

資本金を1000万円とする。

昭和39年

鋼屑輸送部門の効率化を図るため、系列会社として新興運輸株式会社を設立、輸送業務の移管を行う。

昭和39年

ステンレスの加工分野に進出。徳山市住崎町にステンレス加工工場を建設し、各種ステンレス加工品の製造・施工・販売に着手。

昭和44年

資本金を3000万円とする。

昭和44年

写真

ステンレス加工工場

加工部門の拡充と量産体制の確立を図るため、現在地(周南市野村)に新工場を建設。住崎工場を閉鎖し新工場への移設統合を行う。

昭和45年

資本金を4500万円とする。

昭和48年

ステンレス加工工場建屋を増築。

昭和52年

写真

本社社屋「徳山興産ビル」(6F)落成。
昭和52年 社内報「こうさん」創刊

昭和54年

写真

水上金属工業株式会社との営業権譲渡契約により、同社シンクトップの生産販売、流し台販売事業に係る設備、および要員を吸収し、奈切工場として事業を継承。同時に同工場構内に徳山営業所を、下関市清末に下関営業所を開設。

 

 

昭和56年

写真

サンウエーブ工業株式会社と業務提携(奈切工場)

昭和59年

写真

ステンレス加工工場の朝礼風景

昭和60年

写真

狂喜乱舞する当社オリジナルステンレス製みこし(大徳山夏まつり)

昭和61年

写真

サンウエーブ 徳山ショールーム

昭和62年

写真

ステンレスキャビ流し台の組立ライン

平成元年

写真

代表取締役社長に管田新市が就任

平成2年8月

写真

栗屋工場が完成(工業団地)

平成3年

鋼屑部門の処理能力増強と合理化のため、徳山市二葉開作(櫛ヶ浜工場)から徳山市大字栗屋の工業団地に、鋼屑集荷・処理基地として新たに栗屋工場を開設。販売の効率化を目指して、徳山営業所を奈切工場構内から徳山市二番町に移設。

平成8年

販売部門強化のため、営業部門を分離独立させ、ステンレス周南株式会社を発足させる。

平成12年

写真代表取締役社長に管田八重子が就任

平成12年

ステンレス周南株式会社の本社を住崎町に移転。ショールームを開設する。

平成18年

有限会社徳山メタルとの営業権譲渡契約により要員を吸収し、事業を継承する。

平成23年

徳山興産60周年・ステンレス周南15周年を迎える

製品で振り返る徳山興産の歴史

長く愛される価値ある製品ー。
徳山興産では主にステンレスを原料としたさまざまな製品をこの世に生み出してきました。
私たちは常にお客様の暮らしを豊かにする“ものづくり”に挑戦しています。

 

製品の歴史

昭和54年

写真

老人養護施設特殊浴槽
社会福祉法人博愛会「あかり園」

昭和55年

写真

山口県立美術館地下道入口上屋

昭和55年

写真

ステンレス流し台 朝日・大地

昭和57年

写真

家庭科実習室 実習台
新南陽高等学校

昭和58年

写真

徳山観音 賽銭箱
国立公園・太華山山麓

昭和59年

写真写真

玄関庇・階段ボードなどステンレス工事一式
小郡コミュニティーセンター

昭和60年

写真

浴槽ほか
社会福祉法人鹿野学園

昭和61年

写真屋上展望台手すりほか全館ステンレス工事
山口放送社屋

昭和62年

写真トレーニングルーム(支持バー)ほか各種ステンレス工事
ヘルシーパルとくやま

写真身障者専用通路手すり
蜂ヶ峯総合公園

昭和63年

写真自社製品 ステンレスキャビネット流し台

平成7年

写真モニュメント
シーサイドスクエア(長門市仙崎)
写真ステンレス風車模型
新南陽市永源山公園
写真 平成20年
ゴミボックス
徳山動物園
写真平成23年
案内板
徳山動物園

徳山興産 60年の歩み商品紹介ステンレスをいつまでも美しくご使用いただくためにステンレス周南株式会社

ページのトップ